×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






























最後のバグ

作・真城 悠


シーン0:宇宙空間


 字幕テロップ:「時は
2045年。

          人類は巨大宇宙船を建造し、恒常的な宇宙航海を可能にしていた。」










































































シーン1:艦橋(ブリッジ)(その1)

救難艦の艦長:「全く…」

   初老のバレリーナが怒っている。

救難艦の艦長:「これは一体どういうことなのかね」

艦長:「はあ…何とも…」

   同じく恐縮しているバレリーナ。

   ブリッジもまた舞台の様であった。

 

 

シーン2:大広間(その1)

救難船クルーA:「あ、よ、よろしく…」

   思わず軍隊式の敬礼ではなく、お辞儀をしてしまう救難船クルー。スカートをつまんでいないだけマシであった。

乗務員A:「いえいえ。こちらこそ」

   しばらくして雑談に入る踊り子たち。

救難船クルーA:「何だか…この艦ではこういうこと」

   と、自分のチュチュを指す。

救難船クルーA:「はいつものことなのか?」

乗務員A:「…ていうか、ここんとこずっとな」

乗務員B:「ああ」

救難船クルーB:「じゃあ、ずっとバレリーナの格好を?」

乗務員B:「いや、この間はバニーガールだった」

救難船クルーA:「なにぃ?」

乗務員C:「ああ、間違い無い」

救難船のクルーA:「じゃあ…その前は」

乗務員B:「ウェディングドレスさ」

救難船のクルーB:「何だって?からかってるのか?」

乗務員A:「あんたの美しいバレリーナ姿にかけて本当だとも」

   …そのクルーは黙り込むしかなかった。

 

シーン3:ミカ・リクドウの部屋(その1)

ミカ・リクドウ:「ねえ、回ってみてよ」

ハヤト・タカハシ:「何言ってんだよ」

   じゃれている男女。最も二人ともバレリーナ姿なのが異様ではあったが。

ミカ・リクドウ:「こんな格好、滅多に出来るもんじゃないわよ」

ハヤト・タカハシ:「したくないね」

ミカ・リクドウ:「うそぉ。ちょっと嬉しかったりするくせに」

ハヤト・タカハシ:「いいからはやく復旧してくれよ…もううんざりだ」

ミカ・リクドウ:「あと2日なんだからいいじゃない。仮装パーティーだと思えば…」

 

 

シーン4:データ室(その1)

ケン・コヤマ副主任:「もうすぐ地球ですね」

   他の部署同様、バレリーナ尽くしのデータ室である。

リュウスケ・アサダ主任:「ふん…」

   同じく白銀色のチュチュに身を包み、ピンクのトゥシューズに足を委ねている主任が面白くなさそうに言う。

サヤカ・ハミルトン:「…主任!ハッカー来ました!」

リュウスケ・アサダ主任:「またか…いいからやらせとけ。もう何を着せられようと構わん」

サヤカ・ハミルトン:「いえ…」

   若干真剣な表情のバレリーナ。

サヤカ・ハミルトン:「外部からです」

 

 

シーン5:ミカ・リクドウの部屋(その2)

ミカ・リクドウ:「…何かおかしいわね…」

ハヤト・タカハシ:「どうした?」

ミカ・リクドウ:「何かあたし以外にマスターに入ろうとしてるのがいるみたい…」

ハヤト・タカハシ:「今度は何だ?ネグリジェか?」

ミカ・リクドウ:「真面目な話よ…妙ね…データ量が多すぎる…本当に外部?」

ハヤト・タカハシ:「人工衛星か何かじゃねえか?もう地球も近いし」

   はっ!とするミカ。

 

 

シーン6:データ室(その2)

リュウスケ・アサダ主任:「確かに動きがおかしい…ロックしろ!」

チャン・イシヅカ:「無理です!もう入られています!」

リュウスケ・アサダ主任:「くそっ!こいつは本物だ。見ろ!軌道計算のデータを改ざんしてる!」

   データ室の中は騒然となった。

 

 

シーン7:大広間(その2)

乗務員A:「俺達は次は何かって掛けをしてるのさ」

救難船のクルーA:「3回も続けば道理だな」

乗務員B:「なんでも新兵いじめで使われてるらしいぜ。“踊れ”とか言われてな」

乗務員C:「まあ、言う側もこんな…格好なんだがね」

救難船のクルーB:「俺見たぜ。この間のバニーガールの時に自主的に他人に飲み物運んでたりする奴」

   わっはっは…と笑うも、すぐに治まって寒い風が吹き抜けるバレリーナたち。

 

 

シーン8:データ室(その3)

リュウスケ・アサダ主任:「仕方が無い。奴に連絡をとれ」

ケン・コヤマ副主任:「奴…と言いますと?」

リュウスケ・アサダ主任:「この間から俺達に仮装パーティを提供してくれてる奴だよ」

ケン・コヤマ副主任:「そんな!そんなことして一体なにに?」

リュウスケ・アサダ主任:「猫の手も借りたいんだ急げ!」

 

 

シーン9:ミカ・リクドウの部屋(その3)

ミカ・リクドウ:「…何よこれ」

ハヤト・タカハシ:「どうした?」「どうした?」

ミカ・リクドウ:「あたしに“助けてくれ”って」

ハヤト・タカハシ:「どうした?」「データ室がか?」

ミカ・リクドウ:「みたい」

ハヤト・タカハシ:「どうした?」「馬鹿な」

ミカ・リクドウ:「いや…多分本当だわ。今暴れてるのって多分地球の近くの国際ハッカーだもん。このままじゃ帰れなくなるわ」

ハヤト・タカハシ:「どうした?」「何だって?」

ミカ・リクドウ:「しゃあない。やってみるわ」

ハヤト・タカハシ:「どうした?」「難しいのか?」

ミカ・リクドウ:「そりゃね。いいから黙っといて」

 

 

シーン10:データ室(その4)

ケン・コヤマ副主任:「了解したそうです」

リュウスケ・アサダ主任:「そうか」

ケン・コヤマ副主任:「その代わり補足しても責任は問わないで欲しいそうです」

リュウスケ・アサダ主任:「俺達が生還できれば考えてやると打っとけ」

ケン・コヤマ副主任:「はっ!」

 

 

シーン11:ミカ・リクドウの部屋(その4)

ハヤト・タカハシ:「いけそうか…」

ミカ・リクドウ:「難しいね…最悪かも」

 

 

シーン12:データ室(その5)

リュウスケ・アサダ主任:「どうだ?」

ケン・コヤマ副主任:「了解したそうです」

サヤカ・ハミルトン:「内部ハッカーから送信。データの保護と地球の周回軌道を取るプログラムの作成に全力をあげて欲しいそうです」

リュウスケ・アサダ主任:「ふむ…」

 

 

シーン13:ミカ・リクドウの部屋(その5)

ミカ・リクドウ:「ふん…流石に対応が早いわ。ナイスコンビネーションね」

ハヤト・タカハシ:「冗談言ってる場合じゃないぞ」

ミカ・リクドウ:「うるさいからあんたそこで踊っててよ」

ハヤト・タカハシ:「うるせえ!」

 

 

シーン14:艦橋(ブリッジ)(その2)

艦橋クルーA:「艦長!データ室から打電です!至急です!」

艦長:「うむ」

 立ちあがるバレリーナ姿の艦長。

 

 

シーン15:ミカ・リクドウの部屋(その6)

ミカ・リクドウ:「ちっ…手ごわいね。でもこっちは有線だよん。撃退しちゃるわ」

   自信みなぎるミカの様子に少し安心できそうな雰囲気を掴み取るバレリーナ姿のハヤト。

ミカ・リクドウ:「あのさあ…」

ハヤト・タカハシ:「何だよ?」

ミカ・リクドウ:「ちょっと危ない橋渡るけど…いい?」

ハヤト・タカハシ:「何でもいいさ。助かれば」

ミカ・リクドウ:「分かった」

ハヤト・タカハシ:「何をする気だ?」

ミカ・リクドウ:「ん?いやなに、防御用の盾にあたしの趣味のデータを目一杯使うのよ。仕様が丁度いい具合なもんでね」

ハヤト・タカハシ:「何でもいいから早くやってくれ」

ミカ・リクドウ:「これを失うのは辛いけど…」

   名残惜しそうに言うミカ。

ハヤト・タカハシ:「もう充分に楽しんだろ?」

   その場でくるっと回転してみせるバレリーナ。

 

 

シーン16:艦橋(ブリッジ)(その3)

艦長:「そうか…」

救難船の艦長:「大丈夫なのかね…そのデータ室に任せて」

   バレリーナにされた初老艦長が言う。もっともな疑問である。

艦長:「彼らに託すしかありません」

   渋く決めるも、その睫毛は重く、口紅は赤かった。

 

 

シーン17:ミカ・リクドウの部屋(その7)

ミカ・リクドウ:「よーしいける!完全に封じこめたぞ」

   その瞬間だった。船が大きく揺らいだ。

ハヤト・タカハシ:「わあっ!」

ミカ・リクドウ:「きゃああっ!」

 

 

シーン18:データ室(その6)

チャン・イシヅカ:「な、何だぁ!?」

リュウスケ・アサダ主任:「作業続けろ!」

サヤカ・ハミルトン:「駄目です!軌道がずれます!!」

リュウスケ・アサダ主任:「修正しろ!!このままじゃ地球に激突だ!」

 

 

シーン19:大広間(その3)

乗務員A:「わああぁ〜!」

救難船のクルーA:「うおおおお〜!」

   大量のバレリーナが踊り狂っている…様に見えた。

 

 

シーン20:艦橋(ブリッジ)(その4)

   漸く治まった。

艦長:「状況を報告させろ!」

   艦長が叫ぶ。

 

 

シーン21:ミカ・リクドウの部屋(その7)

ミカ・リクドウ:「いったあ〜…もお…」

   起きあがるミカ。

ハヤト・タカハシ:「何事だ一体?」

 

 

シーン22:艦橋(ブリッジ)(その5)

副長:「どういう事なんだ!?」

   副長は自分のチュチュのスカートがぐしゃっと潰れている。悲しそうな表情。

 

 

シーン23:データ室(その7)

リュウスケ・アサダ主任:「確かか?」

ケン・コヤマ副主任:「そう…みたいです」

リュウスケ・アサダ主任:「何てこった…」

   バレリーナ姿の主任は頭を抱えた。

 

 

シーン24:ミカ・リクドウの部屋(その8)

ミカ・リクドウ:「いったあ〜…もお…」「アホくさ。何よそれ」

ハヤト・タカハシ:「どうしたんだよ」

ミカ・リクドウ:「整備兵が遊んでたんだって」

ハヤト・タカハシ:「遊んでた?どうして?」

ミカ・リクドウ:「仲間内から何人か選んでバレエを踊ってたんだってさ」

ハヤト・タカハシ:「…で…それはいいけど、ハッカーはどうなったんだ?」

ミカ・リクドウ:「撃退したよ。うん」

ハヤト・タカハシ:「…何かひっかかる言い方だな」

ミカ・リクドウ:「いや…別に…まあ…ちょっとまずいってのはあるけど」

ハヤト・タカハシ:「…何だよ?」

ミカ・リクドウ:「予想だけど…さっきの軌道がずれたのも受けてこの艦は地球の周回軌道に入ると思うの」

ハヤト・タカハシ:「それで?」

ミカ・リクドウ:「何しろ予定外のことだから再び突入体制を整えるのにちょっと時間がかかるかなあ…とか」

ハヤト・タカハシ:「どれくらい」

ミカ・リクドウ:「…少なく見積もって」

 

 

シーン25:データ室(その8)

マーク・シュナイダー:「一週間ですかね」

リュウスケ・アサダ主任:「何てこった…」

ケン・コヤマ副主任:「それも少なく見積もった場合ですからね」

リュウスケ・アサダ主任:「追い討ち掛けてんじゃねえよ」

ケン・コヤマ副主任:「はあ…」

 

 

シーン26:艦橋(ブリッジ)(その6)

副長:「…とのことです。艦長」

艦長:「なぜそんな嬉しそうな顔をしとる。副長」

副長:「え?…な、何の事でありますか?」

艦長:「まあいい…。食料その他は大丈夫なのか?」

副長:「それは心配ありません。もともとかなり余裕を持って出発しておりますし、何より地球は目の前です。補給は容易です」

 

 

シーン27:ミカ・リクドウの部屋(その9)

ハヤト・タカハシ:「…で?」

ミカ・リクドウ:「…ん?」

ハヤト・タカハシ:「それだけで済むはずねえだろうが」

ミカ・リクドウ:「やっぱバレた?」

ハヤト・タカハシ:「予想がつくってんだ。どうなったんだ?またバレリーナか?」

ミカ・リクドウ:「いやその…」

ハヤト・タカハシ:「バニーガールか?」

ミカ・リクドウ:「っていうか…」

ハヤト・タカハシ:「何だよ?またウェディングドレスかぁ?」

ミカ・リクドウ:「その…」



 

シーン28:艦橋(ブリッジ)(その6)

副長:「あ、艦長…」

艦長:「…」

   もう答えない艦長。

副長:「よく…お似合いで…」

艦長:「…」


   チャイナドレス姿になった艦長に声を掛ける副長。

「そちらの艦長も…」


   すっかりカラードレス姿姿になっている初老艦長にも声をかける。

救難船の艦長:「君もな。副長」


副長:「あ。ありがとうございます」

 晴れ着姿の副長は妙に嬉しそう。





シーン29:廊下

乗務員A:「よう」

 
乗務員B:「あ、おまえか…おう」

   乗務員Aはセーラー服姿だった。乗務員Bは女子高生の制服姿である。

乗務員B:「なんだよそれ?水兵か?」

 プリーツスカートをつまむ一般兵。

乗務員A:「これ見れば分かるだろ?女子学生の制服さ」

乗務員B:「何だよ?女子高生同士か?」

乗務員A:「よせよ。気持ち悪い」

   と、目の前で笑い声がする。

乗務員C:「な、何だよお前らその格好は!」


   二人の女子高生が見ると、そこには健康そのもののかもしかの様な脚をミニスカートからすらりと伸ばした男が、アンダースコートが見えるのも構わず腹を抱えている。

乗務員A&乗務員B:「お前に言われたくないわ!」



シーン30:ミカ・リクドウの部屋(その10)

ハヤト・タカハシ:「…で?」「…絶対お前わざとやってるだろ?」

ミカ・リクドウ:「…ん?」「そんなこと無いって!」

   ハヤトはピンク色のバストを強調した可愛らしい制服に身を包んでいた。

ミカ・リクドウ:「でもこれでウェイトレスとして働けるし」

ハヤト・タカハシ:「うるせえ!」

   実はミカの方も同じ制服に身を包んでいた。





シーン31:データ室(その9)

データ室クルーA:「あいつは何かな?」

   看護婦の白衣に身を包んだクルーが言う。

データ室クルーB:「さあ…幾つパターンがあるのかも把握してないしな」

   スチュワーデス姿のクルーが返す。

データ室クルーC:「パターンとかあるのかな?」

   今度はOLの制服のクルーである。

データ室クルーD:「あるんなら解析しようか?」

 メイド娘…ではなくてエプロンドレスのスタッフ。

 と、ドアが開いて…婦人警官の制服姿のスタッフが現れる。

 ひゅーひゅー!と沸くデータ室。







シーン31:ミカ・リクドウの部屋(その11)

ハヤト・タカハシ:「何てこった…」

   新体操のレオタード姿で座り込んでいるハヤト。

ミカ・リクドウ:「まあまあ。あたしなんかこんなんだよ」

   と、ボレロと呼ばれる体型がくっきり出る女子の制服姿でくるりと回る。スカートがふわり、と広がる。

ハヤト・タカハシ:「お前女じゃねえか!」







シーン32:データ室(その10)


データ室クルーE:
「いよいよ主任だな…」

    水着姿のクルーが言う。

    と、室内のスピーカーに声が入ってくる。

リュウスケ・アサダ主任:「(OFF)俺だ」

    主任の声だった。

データ室クルーF:「はい」

    ウェディングドレス姿のクルーが答える。

リュウスケ・アサダ主任:「(OFF)これから入るが…お前らは俺を見るな」

データ室クルーF:「はあ…し、しかし」

リュウスケ・アサダ主任:「(OFF)いいから見るな。俺も見ない」

データ室クルーF:「はあ…」

   と、部屋内のコスプレ軍団に向き直り、

データ室クルーF:「だ、そうだ」

   と言う。

   それでも尚、しばらく経ってからドアが開く。とん…とん…と響く足音。

   「見るな」と言われても気になってしまう。見ていないふりをしてこっそりと視線をそちらに向ける。ぶはっ!と思わず噴き出してしまう。他のスタッフも必死で笑いをこらえている。


   すでに渋い顔で固まっているかの様な主任は、体操服にブルマ姿でどっかと腰を下ろした。









シーン33:ミカ・リクドウの部屋(その12)

ミカ・リクドウ:「ねえねえ!」

ハヤト・タカハシ:「な、何だよ…」

ミカ・リクドウ:「お揃いになったね!」

ハヤト・タカハシ:「ちっとも嬉しくねえよ」

ミカ・リクドウ:「でも、同じ部屋にいる二人が偶然同じ服を着せられる可能性は限りなく小さいよ!これって凄いことだよ!」

ハヤト・タカハシ:「…そんなもんかね」

ミカ・リクドウ:「やっぱりあたしたちって運命で結ばれてるってことかなあ!」

ハヤト・タカハシ:「まあ、そういうことでいいよ」

ミカ・リクドウ:「あによ。つれないわねえ」

ハヤト・タカハシ:「こんな恰好じゃな」

ミカ・リクドウ:「ねえ、システムからわかりきってるけど折角だから聞くわ。そのスカートの下ってどうなってるの?」

ハヤト・タカハシ:「どう…って」

ミカ・リクドウ:「ハヤトくん男の子だけど、ブラジャーもパンティもしてるの?スリップも着せられてるの?」

ハヤト・タカハシ:「…知ってるクセに…」

ミカ・リクドウ:「折角だから見せてよ」

ハヤト・タカハシ:「バカ言うな」

ミカ・リクドウ:「スカートで油断しちゃ駄目だよ。そりゃあっ!」

ハヤト・タカハシ:「うわあああああああっ!!!!!!」


   スカートがめくれ上がった。













シーン34:宇宙空間


NA:「見事に外部ハッカーを撃退はしたものの、後遺症は大きく、全てのコスチュームがシャッフルされ、全くランダムに配信されるとこになってしまった。転送装置に入る度、今度はどんな衣装になるのかと思うと気が気ではない…乗員もいれば当然楽しみにしている者もいたのだった。

 一旦軌道を外れた艦は、その後数週間に渡って地球の回りを周回し続けたという…」

<了>






































































































 





「バグ」製作スタッフ



企画・監督・演出・脚本

真城 悠



真城の城:http://kayochan.com



キャラクターデザイン・メカデザイン・美術・背景・
その他作画全般

岩澄



B.D.O:http://www.geocities.co.jp/poteto1213/