×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TS関係のオススメ本07-10


*アップロードする際に在庫を確認してから行ってはいますが、なにぶん古い本が多い為、時間が経過することで在庫切れになる場合もございますのでご了承下さい。
真城 悠


・スポンサーサイトもご覧ください。


これは王国のかぎ(1999年・荻原 規子・中央公論新社)
これは王国のかぎ

 私が入手した古いバージョンは本当に味も素っ気も無い真っ青な背景に星が飛んでいるだけの表紙の
地味な地味な児童文学でした。
 いつの間にかこんな萌えっぽい表紙になってますね(*^^*。

 流石のTS作品ハンターたちも最初はこの作品の存在に気が付かなかったのですが、どこかの誰かが読んだんでしょうね、燎原の火の様にその評判が広がり、いざ読んでみると
余りのど真ん中ストライクの該当ぶり軽いパニックが起こったのでした。

 ストーリーはこんな感じ。

内容(「BOOK」データベースより)
失恋して泣き疲れて眠ったあたしが目覚めたら、そこはチグリスの畔、目の前にはターバンをした青年が。不思議な力を持つ魔神族となったあたしは、彼と都へ向かい、王家の争いに巻き込まれて…。アラビアンナイトの世界に飛び込んだ少女の愛と冒険の物語。


 主人公の女子高生・上田ひろみはアラビアンナイトの世界に何故か飛ばされてしまいます。
 え?
男子高生が飛ばされてお姫様になる話じゃないのかって?まあ慌てずに。

 上田ひろみは女子高生そのまんまの姿なのですが、この世界では「ジン」という魔法使いになっているという設定。空を飛ぶことも出来るし、様々な超能力も使えます。

 この世界で出会った魅力的な青年・ハールーン。
 彼を助けて一緒に冒険の旅をし、次にラシードという少年とめぐり合ってまた旅が続きます。
 これは書かないと仕方が無いので書いちゃいますが、実はハールーンは王子様で窮屈な宮廷が嫌になって抜け出してきた…という設定。そして実はラシードも王子様。

 う〜ん、本当に女性って
この手の設定が好きですねえ(爆)。
 「みにくいアヒルの子」じゃないけど
「実は○○でした」(○○には適当な言葉を入れる)みたいなのが。

 では一体どの辺がTSなのでしょう?
 実は王国乗っ取りを画策する悪の魔法使いが「変身の魔法」を駆使して身寄りの無い女の子を「男の子」に変えて傀儡として操っているのですが、その秘密に肉薄したラシードが何と
女の子に変えられてしまう!のです。

 何と言うかこの描写がなあ…可愛いんですよ(爆)。

 敵に捉えられた状態で、ひろみも無力化された状態で女の子にされて監禁されるラシード。
 何しろ身分制度として「奴隷」が残っている世界なので、悪の親玉ババアはなんと
奴隷市場で高値で売り飛ばすことを考えます。
 あのー…これって
児童文学ですよね?

 ここに登場するパートナーたる悪人のおっさんが
美少女となったラシードに興味津々。そのまんま愛人にさせてくれ、と頼むんですがすげなく断られ、それならばオレが最高値で落札すると意気込む始末。ちなみにこのおっさんは決して気色の悪いチビ・デブ・ハゲではなく「渋いおじさま風」という結構魅力的な悪人なのも憎らしい…。
 あのー…これって
児童文学…。

 少年の姿に変えられていた操り人形とされていた少女と
いつしか芽生える恋
 ま、
身体はそれぞれ性転換した状態なのですが。

 何しろこの世界ではそれほど呪いを解くことが簡単ではないため、二人はこの運命を受け入れる決心をします。
 国を絶やさない為には
自分が姫となって結婚し、子供を生むしかない…そこまで思いつめるラシード。

 Σ(゜Д゜)!!
 
こ、これは美味しい…

 最後にどうなるのかは…まあ、
不条理TS漫画じゃ無いんだから想像はつくでしょうけど敢えて伏せましょう(*^^*。

 正に『思わぬ拾い物』。そう形容するのが相応しい佳作でした(*^^*。
 何故か萌え風の素敵な挿絵もついて再販されていることですし、未読の方はこの機会に是非!
2007.01.18.Thu.

*この作品には実はNHK・FMの「青春アドベンチャー」という枠でラジオドラマ化され、異例の全15回の大作として放送されたことがあります。
 私はこれを所持しております(*^^*。
 とにかく声優陣が豪華!!TS美少女に舌なめずりせんばかりの悪のおっさん・ジャーファルを演じる堀勝之助さんの名演といったら!
 過去にこのシリーズでCD化されて発売された作品も存在しますが、残念ながら「これは王国のかぎ」はそうではない模様です。う〜ん、残念。
こちら←前の作品へ     次の作品へ→こちら


本家:「真城の城」 http://kayochan.com


ブログ「真城の居間
http://white.ap.teacup.com/mashiroyuh/